Ch. Thivin /シャトー・ティヴァン

Ch. Thivin /シャトー・ティヴァン

ボジョレー地方のブルイィ山の山腹、コート・ド・ブルイィがあるオデュナ村に長年に渡り居を構え、この土地と共に生きて来た家族経営のシャトー。

1877年に創始者Zaccharie Geoffray(ザッカリー・ジョフレ)によって2ha弱の畑から始まったこのシャトーは、140年の時を経て5代目の現オーナーであるClaude Geoffray氏に引き継がれ、ボジョレー地方を代表するクリュ・ボジョレーの銘酒として、フランス国内外で広く知られている。


2007年には息子のClaude-Edouard(クロード・エデュアール)氏がスイスの大学でブドウ栽培とワイン醸造の高等教育を修了し、国内外の様々なドメーヌにて研鑽を積み、帰郷。次世代への継承も順調に進行中。

 

ブリュイ山の南、東、南西向きの斜面に畑を所有し。45度の傾斜により日当たり、水はけも良好。樹齢も45~50年程度のものが多く、味わいの深みを演出するファクターにもなっている。
また、火山由来の閃緑岩(せんりょくがん)が、青みがかったコート・ド・ブルイィ独特の岩石として、この地のブドウ栽培に影響をもたらすと言われ、現地ではピエール・ブルー:Pierre Bleue de Cote de Brouillyと呼ばれている。

 

テロワール、樹齢、ミネラル、気候など、多くの要素が噛み合い、長期熟成も可能なワインに仕上がるのが、このシャトーの素晴らしいところ。

産地

ボジョレー地方、コート・ド・ブルイィ

ブルイィ山の斜面を中心に25ha所有。ブルイィ山独特の火山由来の花崗岩や片岩が混ざった土壌にゴブレとコルドンロワイヤルの2通りを植える。

栽培

Terra Vitis の認定を受け、その理念に基づき、農薬、除草剤は控える。“未来のテロワール”に対して、大切なことは何か、を念頭に置いた栽培を行う。

収穫

手摘みにて収穫。昔ながらの手作業にて収穫を行う。

醸造

シャトーの改装しポンプなどを使用しない設計に変更。重力で上から下へ流す方法を採用し、ブドウに必要以上のストレスを与えない方法を採用。

適正な温度管理の中マセラシオンを行い、時折、伝統的なピジャージュを行い、タンニンと色素を抽出。

最後は低圧空気圧搾でプレスし、ジュースを取り出す。ファウドと呼ばれる2000~4000リットルの大樽タンクで6~8か月熟成させる。自然酵母を使用しSO2の添加物も必要最小限(20mg/l程度)にとどめる。

フィロソフィー

自然やぶどうを第一に考えた造りを一貫して行う。結果、本来のガメイの味わいが素直に表現されたワインを造り出すことに重きを置く。

取り扱いワイン一覧

PAGE TOP