Champagne Laurent Charlier /シャンパーニュ ローラン・シャルリエ

Champagne Laurent Charlier /シャンパーニュ ローラン・シャルリエ

7代にわたり家族経営を貫き、長年の経験と信頼により味の評判が口コミで広がってフランスを中心に約3000人いる顧客の大半が個人のお客様というユニークなメゾン。

生産本数も限られ、販売形態もユニークなため、現地でも市場で見かけることが稀な逸品。

産地

ランスより南に約10km、モンターニュ・ド・ランス、1級格付けのヴィルドマンジュ(Villedommange)村。

南東面の斜面に位置し石灰岩と粘土、ローム質土壌。

ぶどう

ヴィルドマンジュ(Villedommange)村ではピノ・ムニエを多く生産しているのが特徴。また、栽培から収穫までのほとんどを手作業で行う。

また、クリュッグをはじめとした大手メゾンに対し栽培したブドウの卸売も手掛ける。

カテゴリー

SR(ソシエテ・レコルタン)

醸造

収穫後のプレスには、空気圧を利用する最新の圧搾設備を導入し、果汁を抽出する。

これにより、重さの負荷を通じて出るえぐみなどを極力排除することができ、ぶどうの果実味に集中した味わいを引き出す方法を行っている。

フィロソフィー

美味しいシャンパーニュを造るにはどうすべきか、たどり着いたのが、人為的な操作を極力排除すること。

栽培から収穫までの手作業だけでなく、醸造過程においてもぶどうに負荷をかけないことで、最も美味しい部分のみを取り出すことに注力する。
生産においても自分たちで管理できる範囲にとどめる。

個人客への直接販売と、丁寧に育てたぶどうを大手メゾンへ卸すことで成り立っていたため、市場で見ることが難しいシャンパーニュ。
時代のスタイルなどに流されず、クラシックな味わいでバランスの取れた味わいが楽しめる。

取り扱いワイン一覧

PAGE TOP