Mas des Brousses /マス・デ・ブルース

Mas des Brousses /マス・デ・ブルース

フランス南部、オクシタニー地方(ラングドック地方)にて年間30,000本程度と小規模生産の家族経営ワイナリー。


フランスでのワインガイド“LE GUIDE des meilleurs vins de France”で、2017年2つ星★★を獲得。
長年の1つ星★の評価からの昇格となり、パリ市内の有名ワインショップや、レストランでもセレクトされるなどフランス国内での評価も高い。


1997年にGéraldine Combes (ジェラルディーヌ・コンブ)女史がバンドールの最上級のドメーヌ・タンピエのオーナーだったLucien Peyraud(ルシアン・ペイロー)の孫、Xavier Peyraud(ザヴィエ・ペイロー)氏とともに立ち上げたワイナリー。

産地

フランス南部、モンペリエから北西に約30km、Puéchabon(ピュエシャボン)村。ラルザック台地のふもとに広がり、夏の昼夜の気温差が大きい。ぶどうがゆっくり成熟し、複雑な香りを持ったワインに仕上がる。

※Granges des Pères(グランジュ・デ・ペール)などの伝説的なワインの生産地も、ラルザック台地周辺に点在する。ポテンシャルが非常に高い地域のひとつ。

Puéchabon(ピュエシャボン)と隣接するAniane(アニアーヌ)にまたがる。粘土石灰質土壌。南、または南西向きの土地。

8ha所有。認定は受けていないが、有機栽培を行っている。

ぶどう

収穫、昔ながらの手法でのかご積み運搬、除梗、すべて手作業。
※ムールヴェードル種は1997年に立ち上げた際、ザヴィエ・ペイロー氏が実家のドメーヌ・タンピエから持ち込み植樹したぶどうの樹を使用している。

フィロソフィー

一言でいえば、丁寧な造りを心掛ける造り手。
すべてのキュヴェに共通するのが、ぶどうの良さを最大限に引き出す努力を惜しまない姿勢。
それは、ぶどうの育て方から始まっている。
有機栽培を行い、手作業での収穫に至るまで、それぞれのカテゴリーにて見受けられる。


ジャンシス・ロビンソンやロバート・パーカーなどの世界的ジャーナリストもここ数年注目しており、ムールヴェードル種を中心としたぶどうの樹の樹齢、そして造り手の若さを考慮しても、将来性が大いに期待されるドメーヌです。

取り扱いワイン一覧

PAGE TOP